会議弁当に一工夫

会議弁当をアレンジする

会議弁当に彩りを加える

会議弁当をそのまま配るのではなく、一手間加えてみると場を和ませることが可能です。アレンジしていない状態でも色が分かれていて見栄えが良いものの、独自性があまり見当たらなければ既視感が強まり話が盛り上がる契機になりません。料理が得意な従業員が率先して品数を増やして会議弁当として提供すれば、物珍しさから各々の言葉数が多くなり結果として和やかな雰囲気の中で意見が交わされます。横道にそれた話が多いほど、さまざまなアイデアが登場します。

健康的なグルメの情報

↑PAGE TOP